カリカチュアアーティスト紹介




1981年、福島県生まれ。 2003年よりカリカチュアを描き始め、2012年「ISCA(国際カリカチュアリスト連盟)カリカチュア世界大会」一般プロ部門で総合優勝。2014年「ISCAカリカチュア世界大会」マスター部門でアジア人初となる2部門完全制覇。似顔絵世界チャンピオンとしてTV・新聞などでもその作品が話題に。「笑っていいとも!」「ノンストップ」「NEWS ZERO」「お願い!ランキング」等、出演多数。
最近では「ヒルナンデス!」の似顔絵コーナーにも定期出演し、その独特の似顔絵作品が毎回大きな反響を呼ぶ。日刊スポーツ.comにて著名人の似顔絵と顔占いも好評連載中。

2015年夏よりプロ野球・読売巨人軍公認「選手との2ショット似顔絵」を考案・商品化。試合日には球場に出店し2ショット似顔絵を作画する他、Tシャツや缶バッジ・キーホルダーなどの小物や応援グッズも続々プロデュース。
球場で販売している催事型のカリカチュア似顔絵ガチャガチャは大盛況で、球場で多くのファンに楽しんでいただく名物ガチャコーナーとなっている。


カリカチュアとは?
実在感をもって写実的に描く肖像画の技術、またはデッサンをベースに、『誇張』『デザイン』『ユーモア』の3要素を用いることで、モチーフの特徴や雰囲気をより一層引き立たせて描く技法、またはスタイルのことです。